姉はヤンママ授乳中in実家の3話

姉はヤンママ授乳中in実家の3話『 「近親とかAVの中だけかと思ってたわ」眠る家族の側で人妻マ○コに膣内出し』。

拓也のおちんちんをフェラでイかして、精子をごっくんしたアイカ。

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

「もう一人で寝るわ」と口で終わらせようとしたアイカだったが、拓也の方は口だけでは満足できず、アイカを押し倒してセックスをしようとする。

抵抗するアイカだったが、拓也に強引に挿入され、「あ゛あ゛あ゛ぁ」と気持ちと裏腹に感じてします。

隣の部屋でアイカの息子が寝ているのに…罪悪感を感じるアイカ。

しかし、拓也はそんなことはお構いなく腰を動かす。しかも生で入れて。

これじゃ、まるでレ〇プじゃないと言うアイカ。

拓也はサルみたいにがむしゃらに腰を振る。そんな拓也のテクのない腰振りに気持ち良くなってしまうアイカ。

声を押し殺し、感じ始める…。そして、拓也はアイカの中に射精してしまう。

「ごめん、姉貴」、射精した後に我に返った拓也はセックスしたことを後悔し始める。

アイカは拓也にこのことはお互いの秘密にしようと約束する。

そして、数日後、何事もなかったかのように過ごしていたが、拓也はもはやアイカのことをエロい目でしか見られなくなり、アイカの背後から抱きつき、ズボンを下ろして…。

続きは、こちらから

 

コメントは受け付けていません。